Windows11が公開されてからしばらく経ちました。

まだ様子をみていて、導入を躊躇されている方もいらっしゃると思います。

私もそうでした。

しかし、先日デスクトップPCを買い替えたのですが、新しいPCのラインナップはほぼWindows11一色・・・。せっかくなので、Windows11を使うことにしてみました。

はい、こちらデスクトップです。

Windows11は、デフォルトでタスクバーの位置が「センター」になっています。

これまで長いこと「スタートメニューは左下」と決まっていたのに、Microsoftにしては思い切った変更をしたと思います。

でも考えてみれば、マウスは右手で操作する人が多いので、マウスカーソルはいつも右端のほうにあることが多いはず。

その観点からいえば、左下は最も遠いんですね。

いろいろな表示が簡素化されてきている分、スタートボタン(スタートメニュー)の役割が大きくなってきていますので、スタートがセンターにあるのは、合理的改革といえるかもしれません。

とはいえ、確かに慣れるまでは気持ち悪いですが。

もう真ん中にあるのがどうしても許せない!ぜったい左端じゃないともうWindowsは買わん!

という方もご安心ください。

簡単にカスタマイズできるようにはなってます。

スタートメニュー>設定>個人用設定>タスクバー>タスクバーの動作

と開いていただき、一番の上の「タスクバーの配置」を「左揃え」にするだけで、ほら。

あっというまに左端に。これならWindows10までと同じ感覚で使えますね。

とはいえ、スタートボタンをクリックしたあとのメニューの展開は刷新されているので、このあたりは慣れや、自分にあった設定に調整が必要ですね。

エクスプローラーの見た目も刷新されてまして、フォルダ表示がカラフルになって見やすくなってます。

Windows10からWindows11へ。

システム要件を満たしている方はぜひアップグレードしてみてください。

改悪、ではなく、しっかり改善されているユーザーインターフェースが実感できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。